バンダナをオリジナルで作る時によく使われるのはコンパス

バンダナをオリジナルで作る時によく使われるのはコンパス

さまざまなイベントでもオリジナルのバンダナを作り販売することが増えています。
バンダナをオリジナルで作るときに良く使用されるのは、コンパス生地です。
コンパス生地とは綿生地のことで、目が粗く、透けている風合いのある通気性の高い生地です。
薄く、ガーゼのように柔らかくなめらかな肌触りを持つという特徴があります。
ガーゼのようでありながら耐久性とともに高い吸水性も備え、価格もとてもリーズナブルです。
大きさは頭部に巻いたり、首に巻いたりするのに最適なサイズの52センチ×52センチが一般的になっています。
バンダナは薄手のコンパス生地にプリントするので、裏まで抜けて印刷されます。
そして、顔や手に直接巻いていくので、染色が抜けにくく風合いがとても大切になります。
プリントの方法は、シルクスクリーンやインクジェットプリントの方法が使えます。
シルクスクリーンでは型の製作が必要ですが、インクジェットプリントでは型が必要なく、一枚からでも注文が可能です。

薄地素材でオリジナルバンダナを作りたいときは

ペイズリー柄などが一般的なバンダナですが、実はこのバンダナにもオリジナル画像をプリントすることが出来ます。
頭に巻き付けることが多いので、厚手のタオル素材より薄地素材のほうが適していると言えるでしょう。
オリジナルプリントグッズ制作店では、薄地素材の布地を取り扱っています。
まず布地を選び、その後デザインを考えるのが一般的な流れです。
グッズ販売・製作店はインターネットでお店を開いていることが多く、気軽に利用することが出来ます。
バンダナをプリントする際には、全面フルカラーか限定カラーの手頃な価格のものにするか選ぶ必要があるものです。
デザインに関しても自分でデザインしたものを取り入れたい場合は、データ入稿をしたりファイルを送信する必要があります。
あらかじめ枚数とデザインは決めておくことが大切です。
事前に見積もりを自動的に計算してくれるツールが用意されているお店が多いので、バンダナ制作の際には十分に活用しましょう。

バンダナ,オリジナルに関する情報サイト
オリジナルバンダナを作ろう!

このサイトでは、オリジナルのバンダナに関する基本情報について詳細に解説しています。普段何気なく様々な目的で利用していますが、実際にはこれには基本的なルールやしきたりがあり、自分で作る場合には基本的な大きさがあることや、自分で作る時によく使われるのはコンパスであることなどが記載されているのが特徴です。 これらの内容を知ることで比較的簡単にできるものであり、自分でも試してみたくなると言う気持ちになるものとなっているのがポイントです。

Search